バイアグラの効果持続時間

バイアグラの効果持続時間は服用者の体格や身体の状態にもよるようですが、だいたい5時間~7時間ほどと言われています。

ただしバイアグラはED治療薬の中でも特に食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用するか、 性行為をする予定が分かっている場合は事前に服用しておく必要があります。

効果が現れてからは食事をしても良いので、時間配分が少し面倒かもしれません。


レビトラの効果持続時間

レビトラの効果持続時間は服用者の体格や身体の状態にもよるようですが、だいたい5時間~11時間ほどと言われています。

レビトラは容量が3種類の中から選ぶことができるので、それで効果時間が大きく変動する場合があります。

またバイアグラ同様空腹時に服用する事で高い効果を発揮しますが、バイアグラよりも後に開発、販売されたED治療薬なので、 バイアグラの弱点だった、食事の影響を受けやすいというところを改善してきてあるため、ED治療薬服用と食事の問題に関してはレビトラの場合、 多少ルーズでも満足のいく効果を発揮してくれます。


シアリスの効果持続時間

シアリスの効果持続時間は服用者の体格や身体の状態にもよるようですが、だいたい24時間~36時間ほどと報告されていて、 3種類のED治療薬の中でも驚異的な効果持続時間を誇っています。

たとえですが23時に服用しても、次の日の夜はどんな時間であっても、シアリスの効果でカバーすることができるので、 そう思うと一錠で、バイアグラやレビトラの数錠分の効果は優にありそうですね。

素晴らしい!それに食事の影響も受けずらいようで、シアリスが体に吸収されるまでの1時間ほどの間、 800キロカロリーは摂取してもいいと、メーカーの方から公表があるので、この情報は信用してもいいと思います。

シアリスの特徴は効果時間の安定感と食事の影響を特に受けづらいという所ですね。


まとめ

3種類のED治療薬「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を効果持続時間で比較しましたが、さすが持続時間を押しているだけあって、 シアリスがダントツですね。

ただ効果の強さは持続時間に反比例するように思います。

持続時間を取るか、効果を取ると言ったところでしょうか、ED治療薬のように、医薬品ごとに様々な特徴で押していると、 選ぶ消費者側から見ても結構面白いですよね。

ですので自分に合ったED治療薬を見つけてナイトライフをエンジョイしてください。


ページトップに戻る