バイアグラの副作用

バイアグラの報告されている副作用は主に「全身の紅潮や熱を持ったほてり」「眼球の痛みや充血」などがあります。

この副作用はバイアグラを服用した7割~9割というほとんどの服用者に確認されています。

これはED治療薬の効果の血管を広げる効果が及ぼす効果で、効果の表れと同時に発症します。

容量の服用を間違った場合などには「ピリピリ頭痛」や「動悸」といったような症状が確認されています。

副作用はバイアグラの効果が時間経過よって切れると収まる場合がほとんどです。


レビトラの副作用

レビトラの報告されている副作用は主に「全身の紅潮やほてり」「眼球の痛み」「眼球の充血」などがあります。

レビトラの副作用報告者はバイアグラよりも少ない人数のようで、レビトラの方が症状が軽いという報告が見られました。

レビトラの副作用メカニズムもED治療薬の効果の血管拡張が及ぼす効果で、効果の表れと同時に発症します。

またレビトラはグレープフルーツを食べたら、服用は避ける必要があるようで、 これはグレープフルーツがレビトラの薬の効果を上昇させてしまう危険性があるためです。


シアリスの副作用

シアリスの報告されている副作用は主に「ほてり」「頭痛」などがあります。

ただシアリスの副作用を報告はED治療薬の中でも特に少なく、副作用が軽い事で知られています。


まとめ

3種類のED治療薬「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」この中で一番、副作用が強いという報告があったのがバイアグラでした。

その次がレビトラ、一番副作用が少ないという報告があったのがシアリスでした。

シアリスはバイアグラとレビトラの副作用をある程度軽減するのを目的として開発されているので、当然と言えば当然かもしれませんね。

ただバイアグラやレビトラであっても服用容量をピルカッターなどでカットして調節すればある程度症状を抑えることが可能だと情報を見かけたので、 バイアグラ、レビトラの副作用に悩んでいて余った錠剤をどうしようか考えている人にはちょうどいいかもしれませんね。

しかしだれしもこの結果になるとは限らず、3種類のED治療薬ともそれぞれ別の成分で成形されているので、 一番副作用が少ないと言われているシアリスが一番副作用が強く出る場合があります。

それは服用してみて自分の身体でためしてみるしかないのですが、服用前に気になるようでしたら、 医療機関に行き医師のアドバイスを聞くことをおすすめします。


ページトップに戻る